クソナッシュ使いの独り言

真面目な格ゲーの話とふざけた日常の話

シーズン2.1ナッシュについて

みなさん、お久しぶりです。天野です。

シーズン2で地獄の調整を受けたナッシュ使いの皆さん、お元気ですか?

ようやく発表されましたね、シーズン2.1。

今回はそのシーズン2.1において、ナッシュはどんな調整を受けたのかについて解説していきたいと思います。

 

まず、前提として、ナッシュは今回単純に強化されました。ただ、システム面での弱体化がかなり痛いです。

とりあえず、詳しい内容についてはこんな感じです。↓

 

 

 

■ナッシュ

フロントステップ
全体動作を19F⇒18Fに変更します

立ち強P
①攻撃判定持続1F目の前方への攻撃判定を拡大します
②攻撃判定持続2F~3F間の下方向への攻撃判定を拡大し、上方向への攻撃判定を縮小します

しゃがみ中K
Vトリガーキャンセル時の動作発動タイミングを1F早く変更します
※変更後のVトリガー(ソニックムーブ・ハイド)キャンセル時の硬直差が+4F⇒+5Fとなります

ソニックサイス
ガードバックの距離を拡大します

EXソニックサイス
①1F~6Fに投げ無敵を付与します
②持続1F~2F間の上方向への攻撃判定を拡大します

【開発者のコメント】
シーズン2の調整では、ごく一部のいつもの技以外にも様々な技を使って攻撃しやすくするためのものでした。
さらに、防御のほうでは強いガイルとはっきりとした区別をつけるために、攻撃の面でも強いナッシュの防御系動作を調整しました。
ただ、これらの調整により、攻撃が弱体化されてしまい、攻撃・防御のどれでもとくに強くないという結果になってしまいました。
今回の調整により、立ち回りが若干強化され、攻撃の面でも強化されるのでキャラ中でより競い合えるようになります。

 

 

 

まず、開発者のコメントが出るようになったのは好感が持てますね。日本語が少しおかしいのはご愛嬌です。

 

さて、ここからは調整内容について、1つ1つ解説していきます。

 

変更点①

・フロントステップ
全体動作を19F⇒18Fに変更します

 

いわゆる前ステが早くなったということですね。

ナッシュの前ステはシーズン1の時、17Fでしたが初動の見づらさにより、猛威を奮っていました。これが、シーズン2になって初動が見やすくなり、さらに全体が19Fになるという弱体化をくらいました。

今回はその前ステが、少しだけ戻ってくるといった感じですね。まぁ嬉しいことには間違いありません。

ただ、この前ステのフレームが変わるということは、セットプレイをまた調べ直す必要が生まれたということもあり、少し面倒です。

しかも、この18Fの前ステだと、セットプレイが少し弱くなります。

例えば、大サイス→前ステ×2でシーズン1は+5、シーズン2は+4だったのですが、シーズン2.1は+6です。

これの何が問題かというと、シーズン1と2は、屈弱Kもしくは立ち弱Pの持続重ねから引き中Kもしくは屈中Pを入れ込むことによって、緩い両対応が出来ていたのですが、シーズン2.1では有利フレームが多すぎてこれができません。

 

結論としては、

前ステそのものは強くなったが、セットプレイは弱くなった。

という感じです。

では次

 

変更点②

・立ち強P
①攻撃判定持続1F目の前方への攻撃判定を拡大します
②攻撃判定持続2F~3F間の下方向への攻撃判定を拡大し、上方向への攻撃判定を縮小します

 

これはシーズン2になって、大Pが遅くなり、短くなるかわりに対空として使えるようになったんですが、今回、リーチが戻る代わりに対空としては使えなくなりました。まぁ、自分は大P対空を使ってなかったので、単純に嬉しいですね。

 

変更点③

しゃがみ中K
Vトリガーキャンセル時の動作発動タイミングを1F早く変更します
※変更後のVトリガー(ソニックムーブ・ハイド)キャンセル時の硬直差が+4F⇒+5Fとなります

 

これが唯一の新要素ですかね。シーズン2で中足5トリガーが+4になり、今回さらに有利が増え+5になった形です。

これにより、中足5トリガーから引き中Kが、つながるようになり火力が伸びました。

ただ、これまでやっていた、ノーマルヒットだったらコパサイス、カウンターヒットだったら中Pサイスという確認が、脳死引き中K1択になってしまうのが微妙なところです。(一応カウンターヒットで+7なので、確認して立ち中Kからバレットコンビネーションが入るはずですが、もしかしたら3段目がスカるかもですね…)

 

変更点④

ソニックサイス
ガードバックの距離を拡大します

 

みんなの嫌いな中サイスが帰ってくる?

というわけで、シーズン2でガードバックが短くなり、不利フレームが8から10に増えた中サイスですが、ここでガードバックの距離が戻ってきました。

どの程度離れるのかは触ってみないと分からないのでここではなんとも言えませんが、強くなることは間違いないですね。

 

変更点⑤

EXソニックサイス
①1F~6Fに投げ無敵を付与します
②持続1F~2F間の上方向への攻撃判定を拡大します

 

これは完全にシーズン1に戻る感じですね。

投げ無敵の復活で、逆択が強くなるのはありがたいですね。

あと、シーズン2になってから、1ゲージ使って対空してるのに、相打ちになることが多かったので嬉しい調整です。

 

ナッシュ本体の調整はここまでになります。

ただ、もう1つ、ナッシュは守りの武器を1つなくしてしまいました。次です。

 

変更点⑥

ジャングラ消滅(全キャラ)

 

正直、今回の調整の中で唯一にして最もキツイ部分です。

4F技と、CA以外の無敵技が(ほとんど)ないナッシュにとって、ジャングラはとても重要な防御方法でした。

しかし、これが無くなることで、寄られた時の守りが更にキツくなるでしょう。これからはガードジャンプをうまく使っていこうと思います。

 

 

そして、次に、開発者のコメントを解読していきたいと思います。

 

【開発者のコメント】
シーズン2の調整では、ごく一部のいつもの技以外にも様々な技を使って攻撃しやすくするためのものでした。
さらに、防御のほうでは強いガイルとはっきりとした区別をつけるために、攻撃の面でも強いナッシュの防御系動作を調整しました。
ただ、これらの調整により、攻撃が弱体化されてしまい、攻撃・防御のどれでもとくに強くないという結果になってしまいました。
今回の調整により、立ち回りが若干強化され、攻撃の面でも強化されるのでキャラ中でより競い合えるようになります。

 

エキサイト翻訳したかのような文章に困惑しますが、意味を読み取っていくとこんな感じだと思います。

 

・シーズン2の調整では、ナッシュの攻めの選択肢を豊富にしたつもりだった。

・シーズン1ではナッシュは攻守両方が強かったので、防御が強いガイルと差別化するために、ナッシュの守りを弱くしたつもりだった。

・しかし結果としてナッシュの攻めも弱くなり、どちらも弱いゴミが出来上がった。

・今回の調整により、立ち回りと攻めが若干強化され、シーズン2.1を生き抜くことができるようになった。

 

と、いう訳なんですが、これにより開発側がどんな意図で調整したのかが分かってくるのが良いですね。

シーズン2では、守りのガイル、攻めのナッシュという風にしたかったが為に、ナッシュの守りを大幅に弱体化したんですね。

にしてももうちょっとうまいやり方があったと思いますが…

とにかく、シーズン2はやりすぎたという自覚はあるみたいなので、今後とも調整班には頑張ってもらいたいです。

ただ、1つ希望を言うとすれば、"攻めのナッシュ"とか言ってますが、シーズン2.1の調整を加味しても、ナッシュの攻めはあまり強くないので、前ステか歩きのスピードをもう少し早くしてもらえると助かります。

 

まぁ、そんな感じで今回の記事のまとめに入りたいと思います。

 

【まとめ】

ナッシュは今回の調整で、少し強くなったが、ジャングラが無くなるのは痛い。

攻めのナッシュというコンセプトでいくなら、防御面は諦めるから、もう少し攻めを強くしてほしい。

 

 

そこそこ長い記事でしたが、読んで下さりありがとうございましたm(_ _)m