天野ナッシュ攻略メモ

真面目な格ゲーの話とふざけた日常の話

AEのナッシュが楽しすぎる。(AEナッシュ調整答え合わせ編)

こんにちは天野です。

 

今回はAEナッシュの調整点の答え合わせというか、稼動してみて判明した部分がいくつかあるので、それをまとめた後、AEナッシュについての個人的考え+今年の抱負?を書くつもりです。

 

【AEナッシュ稼動してみて分かった調整点】

①中足

硬直が2F増え、弱体化された中足ですが、なんと強化点もありました。それは中足キャンセルVトリガー1の有利Fがヒットガード共に2Fずつ増えた点です。

これにより、ガード+3、ヒット+7となり、ノーマルヒットでも屈中P→立ち中Pが繋がり、カウンターヒットだとなんと屈大P→立ち中Pが繋がるということで火力が上がりました。

さらに地味に大きいのはガード時の有利Fが+1から+3に増えたことで、今まで相手側は最速3F技を打つのが安定だったのが、安定ではなくなり、画面端に追い込んだ状況であれば、中足トリガー→投げが埋まっているため、使いやすさが上がりました!

 

②バレットコンビネーション

その使いどころの無さから、「宴会芸」とも呼ばれていたバレットコンビネーション(以下バレコン)でしたが、ヒット時の状況と浮き具合の変更により、この度明確な使いみちが生まれました。それは画面端でバレコンを当てた後、EXサイスで追撃できるようになったのです!これにより、ナッシュの端1ゲージ最大は屈大P→バレコン→EXサイスになりました。Vゲージも貯まる(しかも今回増加量が増えた)のでこれ1択です。

さらに、バレコン単体でのヒット時の状況が前ステ×2で通常受身に1F有利になったので、4Fキャラには中央でもバレコン〆を使っていけるようになりましたね!(あと1Fだけ有利が伸びてくれれば最高ですが…)

 

③屈中P

"判定を変更しました"では強化されたのかどうか分からなかったですが、無事強化でした。前と比べると、かなり信用できるようになりました。ただ、信用し過ぎて潰されることも多いので、適切な判断が出来るように精進あるのみです。

 

④立ち大K

"判定を変更しました"では(以下略。上に長くなったっぽくて、うまく持続当てで対空すると前ステから有利Fが取れます。

 

⑤立ち中K

持続が長くなったので全体も増えたのかと思いきや全体はそのままという純粋強化。持続当てで以下略です。置き技としてもピンポイントで使っていきましょう。(中K置き→ちょい遅らせ大Kでタゲコン仕込めます。)

 

⑥J強P

なんか下半身のやられ判定が薄くなりました。

 

⑦J強K

判定強くなりました。コパ対空やらを結構潰します。

 

⑧前大P

地味に判定弱くなりました。あんまり影響はないかな…と。

 

⑨CA

空中コンボのカウント云々とか言ってわけ分からんかったですが、新要素としては大サイス→ノーキャンCAが繋がるようになりました。地味に火力upです。

 

そんなとこですかね。次は、AEナッシュについて僕が思うことです。

 

【AEナッシュの個人的考察】

 

AEのナッシュはぶっちゃけ結構楽しいです。

やっぱり柔道無くなったのがデカいですねー。何も悪いことしてないのに負けることが少なくなりました。あと屈中P対空強化はほんとにデカいです。

 

ただ、Vトリ2はちょっと弱すぎますね。まず、ナッシュ(950,3F無し,無敵無し)で3本溜めるのがキツすぎる(どうしてもVリバ使いたくなる)上に、発動して…これ…?みたいな感じ。あと何より使いどころが玉抜けとコンボ伸ばしなので、ぶっちゃけVトリ1と同じなんですよね。そうなるとわざわざ3本の2は選ぶ気にはなりません…。個人的には展開を作れるトリガー、攻めの起点になるトリガーが欲しかったところです。なのでもし自分がトリガー2をイジるとしたら、ジャスティスコレダー(地球パンチ)をガード+2にすると重います。それくらいは許して…って感じです。

まぁ、トリガー2以外にはナッシュ本体の性能についての不満はあんまり無いです。

 

キャラの強さは多分、中の中かワンチャン中の上くらい?だと思います。

個別の相性でいうと、今年もキャミィが鬼門になるのかなぁ…という感じがします。キツいところが一切変わってないので。

ただ、アビゲイルに対して立ち回りが有利というAEにおけるある種の"人権"を持っているのはカナりデカくて、大会とかでも頑張っていこうと思います。

 

【今年の抱負】

・プロの方々に勝ったり負けたりできるレベルになる。

・大会で優勝する。

・勉強も頑張る。

 

以上です。今年も天野をよろしくお願いしますm(_ _)m